Menu

つなぐ “語り部”ボランティア を募集中!

つなぐかたりぶ、シニアにのためのボランティアな部活動! あなたのお気持ちが、ありがとう”を紡ぐ。 

あなたの温かい心を子どもたちが待っています!

 

 

■大人が周りにいない子どもたち

かつての日本の子供はおじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、親戚のおじさんおばさんと顔を合わせて話せる環境がありました。また、地域のコミュニティも活発で、近所でのお付合い、お店のおじちゃんおばちゃんからも大人の話を聞いたり、触れ合ったりする機会が日常にありました。

ただ、現代の社会においては核家族化、無縁社会化、家族や地縁コミュニティの希薄化が急速に進み、子供たちにとっても「大人と話をする機会がない」「大人と触れ合う機会がない」ということが切実な問題として横たわっています。

また、シングルマザー、シングルファーザーと呼ばれる親一人と児童という世帯は全国でおよそ100万世帯(親一人未婚の子では362万世帯:平成25年)にもなっており、親以外の「大人から話を聞いたり学んだりする機会がほとんどないまま社会に出て行かざるをえない」という子供たちが相当数いるのが実情です。

 

「大学ってどんなところ。何を学ぶの?」

「どんな仕事があるの?」

「将来、○○○になるにはどうすればいいんだろう?」

「働くことの意味ってなに?」

「社会ってなんだろう?」

「好きな〇〇のことをもっと知りたい!」

 

子供たちはそんな素朴な疑問を抱えて生きていますが、そういったモヤモヤした疑問や不安を直接聞ける大人がいないために、情報がないばかりに将来に対しての夢や指針をもてなくなったりしている子もいます。

また、移設の職員さんや学校先生以外に、勇気づけたり、手伝ってくれたり、支援してくれたりしてくれる大人が周りにいない子供たちがたくさんいます。

 

<最近の活動をちょこっとご紹介: つなぐサポーター有志による児童養護施設での流しそうめん大会>

稲城の里山の竹を切り出し&加工するところから、前日準備、当日運営と、大変ながら楽しい時間をいただきました!

nagashisoumen2016

 

 

■つなぐ語り部が信じるボランティアの意味

私たちは、語り部”(かたりぶ)のボランティアを通して、子供たちに語りの「バトン」を渡し、豊かな人間性をはぐくむお手伝いができると考えています。大人から子供へ、大人になった子供からその子供へ。

経験豊かな大人たちが子供たちのため、ボランティアとして支援し、信頼し合える関係をゆっきりつくっていき、、まずはじっくり派内を聴き、語り、ふれあい、学んでいくことが子供たちにとってかけがえのない未来の財産となることと信じています。

 

社会貢献/ボランティアはシニアの部活です!

 

一緒ににつなぐ“語り部” ボランティアの仲間として参加してみませんか?


つなぐ 「語り部」 詳細

つなぐ「語り部」は、シニアのボランティア活動チームです。


 

【活動内容】
① 児童養護施設での、大小さまざまなサポート、聞き語たり

② 当財団の運営・企画ボランティアスタッフ  などなど

あなたに合った関わり方を一緒に考え、探します。
まずは、お気軽にお問合せください。

【活動場所】
① 助成先の児童養護施設・乳児院など(現在は東京都区内をはじめ首都圏のみ)
② 当財団事務所
③ PCやスマホがあれば、遠方やご自宅などからでも参加いただけます

【必要経費】
無償ボランティアです。
移動に際する交通費は本人にご負担いただきます。

【こんな方におすすめです】
○子供が好きな方
○私たちの理念に共感いただける方
○シニア、もうすぐシニアになるかも?という方
(目安としてご年齢 50歳以上の方としていますが、年齢は問いません。)
準高齢者、高齢者、超高齢者、どなたでも
ご自分に合った支援活動を一緒に相談させてください。

<例えば>
・次世代のために何かしたいと思っている方
・志ある仲間をつくりたいという方
・ボランティアをしてみたいけど機会がなかったという方
・公益法人で活動してみたいという方     などなど

【活動要件】
○ 月1日から参加可能です。
○施設や財団の支援を通して、信頼関係を築いていく中で、
「興味のある仕事」や「共通の趣味」などのお話を
していただくようになります。

 

■お問合せ後のプロセス (モデルケース)

① 語り部ボランティアの場合

1. ご返信のメールを差し上げます
・財団事務所にご来所いただくか
・コミュニケーションフォームにご入力いただきます

2.当財団の担当と打合せをします
(候補となる施設とマッチング選定プロセス)

3. 受入れ施設側に責任者とと面談していただきます
(施設や子どもと相性やご希望などとのマッチング選定プロセス)

4. 施設見学や簡単なサポートからスタート
(子ども等の愛称や興味のマッチングを判断)

5. 語り部ボランティア実施
(※ 各過程で相応のお時間を頂戴することになりますことご了承ください)

 

② 当財団の運営・企画ボランティアの場合

当財団の担当よりご連絡いたします。
相談しながらご担当内容を決めていきましょう!

 ※ 随時、個別説明会を開催します。
  ご希望の日時などごお伝えください。

 


★つなぐ「語り部」以外のボランティアや関わり方をご覧になりたい方は★

『つなぐサポーター』 つなぐいのち基金のお仲間を募集中! ページをご覧ください。


【お問合せ先】

 公益財団法人つなぐいのち基金 事務局
TEL 03-5201-1521
E-mail  info@tsunagu-inochi.org
または、下記にご入力ください。


▼▽▼ お問合せ/ お申込み フォーム ▼▽▼

1.お名前 【必須】

2.メールアドレス 【必須】

3.お電話番号

4.ご年齢
  20~39歳40~49歳50~59歳60~65歳66~70歳71~75歳75歳超

5.やってみたいボランティアは(複数選択可)
財団の運営を手伝う施設の暮らしを作業などで手助けする子どもに手紙やカードを書く子どもと一緒に遊ぶ子どもと話をする子どもに教えるその他

6.ご自宅に近い駅は?

7.お問合せ内容