Menu

日本の抱える課題② 高齢者の「孤」という問題

Social Isolation of Elderly People

一人暮らしの高齢者がほとんどの国に

国立社会保障・人口問題研究所は『日本の世帯数の将来推計』では、世帯総数は2010年の5,184万世帯から増加し、2019年の5,307万世帯でピーク後減少に転じ、2035年には4,956万世帯まで減るということです。

世帯主の高齢化も進み、65歳以上の高齢世帯が増加します。2010~35年の間に世帯主が65歳以上である世帯は、1,620万世帯→2,021万世帯に、全世帯主に占める割合は31.2%→40.8%に増加します。

そして、「単独世帯」が、世帯主が65歳以上の世帯では1.53倍(498万世帯→762万世帯)、世帯主が75歳以上では1.73倍(269万世帯→466万世帯)となるのです


社会との隔離や孤独感が高齢者の死亡リスクを増大させる

米国のカリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部のCarla.M.Perissinotto助教授らの研究チームによって、「“孤独(寂しさ)”を感じている高齢者は、身体機能が低下し、死亡リスクも高くなる」との発表がなされました。

高齢者にとって身体機能の悪化は、生物医学的な要因だけでなく、社会心理的な苦痛によっても影響を受けています。「孤独感」は人間の苦しみの大きな原因であり、それは高齢者にとっては、いっそう深刻な問題となります。「孤独感」が身体に及ぼす危険性は、社会的な孤立(*人との接触や社会参加の欠如など)などに関する研究報告によって示唆されています。


ライフエンディングステージで幸福感に満たされるコツは?

マザーテレサは「世界で一番怖い病気は“孤独”である」と言っています。かつ、それが社会貢献という利他的活動のコミュニティであれば、より幸福感を感じる事ができるようです。

ダン博士・ノートン博士が提唱する「ハッピーマネーの原則」
1)物ではなく体験を購入しよう
2)特別なご褒美にしよう
3)心に余裕ができる時間の使い方をしよう
4)先に支払って楽しみを倍増させよう
5)他人のためにお金を使おう

ハッピーマネーの原則は、個人だけに適用されるものではなく、会社や組織にも応用可能です。会社が従業員や顧客がハッピーマネーの原則を実践することを後押しすることで、会社にもよい結果がもたらされるのです。

 


つなぐ “語り部”ボランティア を募集中!

”つなぐかたりぶ” 社会貢献活動、ボランティアは、シニアのための大人な部活です!

あなたのお気持ちが、ありがとう”を紡ぎます。

 まずは、コチラをご覧ください >



マンスリーサポーターになる

つなぐいのち基金と一緒に望ましい持続可能な日本の社会を守りませんか?

毎月のサポートをお願いいたします

SoftBankユーザーの方なら月々100円からご支援いただけます。
まずは、下記 ↓ を クリックしてみてください!

200x40_charge_logo

クリック&シェアで支援する

毎日クリックするだけで、つなぐいのち基金を通して、誰でも簡単に無料で、子供たちを支援いただけます。まずは、↓ のバナーをクリックお願いします。

『公益財団法人 つなぐいのち基金』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

★ さらに、facebookやTwitterでシェアしてくださると支援が大幅アップとなります。よろしくお願いいたします。