Menu

子どもたち地域のためずっと続いていただくお手伝い・・・学び塾「猫の足あと」を未来につなぐ助成!

平成29年度対象事業 助成先レポート

助成先取材レポート 学び塾「猫の足あと」

郁文館グローバル高等学校 福祉ゼミとの協働プロジェクト「あいりすプロジェクト」の活動として
高校生と一緒に2017年度事業対象の助成先団体 のインタビュ-取材と助成事業の進捗状況の確認にお伺いしたものを取材レポートして報告いたします。

 

【高校生 インタビュー取材】

私たち、郁文館グローバル高等学校3年生の2人は10月20日に公益財団法人つなぐいのち基金の助成先であるNPO法人学び塾「猫の足あと」を訪れ、取材・インタビューさせていただきました。

まず、学び塾「猫の足あと」さんについて紹介させていただきます。
学び塾「猫の足あと」は塾に通う事のできない相対的貧困家庭の子どもたちに無料塾のサービスを提供しています。また、「猫の足あと」ハウスを建設し、子どもたちに居場所を提供しています。

 

■学び塾「猫の足あと」(パンフレットより引用)

|団体の目標
1. 貧困と格差から子どもを守る。未来に希望が持てるよう、必要な子どもたちに学習・食・住居を提供する居場所を作る。
2. 子どもたちと共に自主的な学習をすすめ、人間としての権利を尊び科学的真実を愛し民主的社会の成員として成長できるよう支援する。

|活動概要
事業1:無料の学習支援
1. 中3勉強会 毎週月曜日19時〜20時45分 18時半から夕食を提供します
2. 中学生勉強会 毎週木曜日19時〜20時45分 18時半から夕食提供します
3. 小学生宿題クラブ 毎週月・木曜日 16時〜18時 おやつがあります おわったら遊びも

事業2:学習活動の企画・協力
学びの要求に応え、今後、自主学習会や講座、実験教室、社会科見学などを企画したいと考えています。会場費として原則大人100円徴収いたします。

事業3:「猫の足あと」ハウス 若者に住居を提供
子どもの貧困は、住環境の貧困にもつながっています。家族などの支援がなければ、一般のアパートで一人暮らしを始める事はかなり困難です。また、貧困以外の生きづらさや課題を抱えている若者も多いでしょう。そうした若者にできるだけ安く住居を提供するとともに、食や学びの要求にも応え、貧困の連鎖や孤立から自立へ歩み出すための応援に努めます。

1. 対象
例えば児童養護施設を卒所した若者、家族の支援が受けられない若者、奨学金を受けながら学ぶ学生、奨学金返済中の非正規労働者等家賃負担軽減を望む若者に。

2. 条件
面接の上で、契約書を交わします。費用は35000円〜42000円(家賃プラス共益費10000円)他の入居者や教室利用者、地域の支援者などと交流し、お互いを尊重し、助け合い,誰にとっても良い環境であるように暮らすことを目指します。

3. 入居
入居期間は自立までの期間とし、年数・年齢などでは区切りません。空き室があれば随時入居可、敷金礼金・保証人などはいりません。

 

facebookページ  https://www.facebook.com/nekonoasiato2017/

■ 活動のきっかけ

代表の岸田さんは彼女自身の幼少期の思い出から孤立する子どもたちへの支援活動をはじめました。彼女の家庭の経済状況は決して良いとはいえませんでした。当時就学支援は現金支給のシステムだったため、家庭という個人が属するステータスに対するプライドを傷つけられたそうです。経済的な不利の中でも勉強などを頑張ると親や先生に褒めてもらい、努力することの有意義さを学ぶ一方、「いい子」であるために真の想いを隠しがちな自分に疑問を抱いていました。岸田さんは彼女自身が周囲の人々から助けられた為、同じ役割を担うことで困っている子どもたちを救おうと活動しています。

 

■ 貧困の今と昔

時代とともに日本における貧困のあり方も変容してきました。昔は個人と地域など社会との繋がりがあり、比較的子どもが孤立しにくい状態がありました。一方で、現代は核家族化や地域コミュニティの希薄化が進行することで貧困が見えにくく、そして相談しにくい社会となっています。岸田さんは貧困下にある人々に対する自己責任論が彼らの孤立を深刻化させていると考え、改善させようと猫の足あとの活動を通して試みています。

■ ボランティアに対する考え方

ボランティアの方々は主に近隣大学の学生さんです。岸田さんは彼らに対し少しの謝礼を支払うことで問題意識から来る慈善的なボランティアで終わらせず、責任感を持って子どもに接してもらうことを意識しています。更に、大学生は大人よりも年齢的に近く、親近感を持って関われるため学業の支援だけでなく心理ケアの意味でも大学生が教えることにメリットがあると言います。また、代表の岸田さんはボランティアに活躍してもらうだけでなく彼らにとっても人生における学びの機会にしてほしいと願っています。私も今後学生ボランティアをする際に責任感と当事者意識を持って取り組みたいと思いました。

■ 代表の考える理想の親子関係

「猫の足あと」ハウスを始めると共に、岸田さんが目の当たりにした問題、それは「親からの自立が必要な子ども達」でした。時代の変化によって苦しんでいるのは子どもだけではなく、親も同様に苦しんでいます。その様な社会での子育ては、誰にも助けを求められず、親を精神的に不健康な状態に陥れてしまいがちです。この様な現状で、子どもは「自己の家庭を俯瞰的に見る」ことが必要だと岸田さんは考えています。又、一般的な家庭のモデルというのは、父1人、母1人に2人程の子どもがいる家庭が想像されますが、より多様性を認める社会を目指して、父が2人に子どもが1人等、様々な家庭の形が認められても良いのではないか、とも話していました。

■ 代表の考える猫の足あとの理想のあり方

現在、国や地方自治体も貧困問題解決の為に政策を勧めています。しかしながら、どうしても支援が全ての困窮者に行き届くというのは難しいです。そこで、猫の足あとは行政の手が行き届いていない隙間を埋めることを大きな目標としています。また、行政に対して一方的に依存するのではなくNPOとして行った活動がモデル事業として取られることが理想像でもあります。

 

取材を終えて

今回の取材で最も印象に残ったのは代表である岸田さんの活動に対する心構えです。活動を発足する時自費で施設を建てたというエピソードを聞き、その原動力に驚きました。子どもの貧困や孤立から悩む子どもを救う活動をする動機の中に彼女の幼少期の体験や思いが含まれていることもまた印象的でした。一年間のゼミ活動のなかでNPOに限らず、福祉関連職に就く人の中には「偽善者」といった社会の偏見から自分の職に誇りを持てない人も多いことを知りました。その一方で岸田さんは彼女の行っている活動に誇りややりがいを強く抱いていて、生き生きとしていました。私は将来社会の一員として働くにあたってその意義や誇りを持って取り組みたいと思いました。(高校三年 M)

近年、「NPOは持続可能ではない」という意見をよく耳にしますが、今回の取材を通してこれからのNPOのあり方について考えさせられました。現在、NPOの多くの団体が行政から豊富な支援を受けられていない現状にあります。しかし、団体側も行政に依存するのではなく、ある程度自立した事業計画が求められていると感じました。又、岸田代表は主に子どもの貧困の解決に向けて取り組んでいますが、近年では貧困以外の問題も見られるとおっしゃっていました。特に、地域コミュニティの希薄化から若者の孤立が目立っています。その事から、これからのNPOをより民間と密接に、又、持続可能にさせるには、その様な社会の変化に柔軟に支援を充実させる事ではないかと考えさせられました。(高校三年 H)

※ 高校生のプライバシー保護のためイニシャルとさせていただいています。

 


【公益財団法人 助成選考委員会 選考委員 よりご報告】

◇助成対象事業

「猫の足あと」での活動を、継続して地域のために運営してくことができる事業としていくため、また、多くの志ある支援者に参画いただきやすい組織とするため、更にまだ「猫の足あとハウス」についての情報が届いていない要支援対象となる子どもたちのために、下記の2つの事業を実施する。

1.継続して支援のサービス提供できるための組織基盤作り
具体的には、NPO中間支援組織の伴奏による仮想法人による疑似法人の運営、その後に正式にNPO法人の設立、併せて法人運営に必要となる会計・計画・報告などの組織スキルの構築

2.より多くの要支援児童に必要な情報を届けるためのオウンドメディアの導入
具体的には、「猫の足あと」のスケジュールや情報を掲載し、また掲示板などのコミュニケーション機能を有するWEBサイトの制作と更新ボランティアの育成

 

◇助成事業の目的 (申請書より抜粋)

ここ数年、「子どもの貧困」が社会的なテーマとなり、無料塾や子ども食堂が各地で開催されるようになったのは喜ばしいことです。しかし、その支援が短期的ですぐに無くなっていまった時の子どもたちの落胆や社会への不信感は想像に難くありません。
「猫の足あと」も5年以上活動し、最初の学び塾生は大学生となり活動を支援してくれています。今では、年間30人以上の子どもが利用し、地域自治体からもさらに多くの期待が寄せられています。
しかし、今、自分に何かあれば活動の継続は困難となることが予想されます。また、会計についての未だ個人事業主登録もできておらず、支援者に対しての税務上のメリット等も提供できていませんでした。

そこで、NPO法人設立という形で組織基盤を整備し、情報発信力を強化することで、地元地域からの信頼を増し、支援者の参画を容易にし、今後も長期で支援を必要とする子どもたちにとっての居場所を継続的に運営することを使命と考えています。

さらに、地元のおばさんが始めた学び塾が、法人化により継続的に事業として支援のサービス提供ができる組織となったモデルケース化ができればと考えています。

 

◇助成事業の実施状況

NPO法人設立に向けて
助成金から「NPOサポートセンター」の協働による
支援を受け、4月18日に担当からレクチャーがスタート。結果、NPO法人化に向けて進むことを意志決定、6月9日に理事候補4名が参加して第1回の模擬理事会が開催されました。同中間支援の担当者のアドバイスに従い、第2回8月26日、第3回10月12日と法人化に必要な準備が進捗。

法人化に必要な書類は多く、設立後にどんな課題があるかも順分に理解しながら、メール等で連絡も取り合いながら申請準備が進められた。同時に、理事や会員の候補者にも声をかけて組織づくりも進められました。

11月6日には、東京都庁の担当部署に事前相談、11月10日には設立総会を開催するに至りました。設立総会が無事成功し、11月14日には,東京都に対して法人設立の申請を行っています。
(3か月以内に審査結果が出る予定)

ホームページ制作
ホームページは、NPO法人文化学習協同ネットワークの若者組織「リンク」のホームページプロジェクトに依頼。若者支援をしている立場として、こうした若者の力を借り制作が実現することは理想的なケースと言えます。

7月14日にはリンクの会議に参加して具体的な希望等の要件を共有。9月29日にはプロジェクトメンバーが「猫の足あとハウス」を訪問し、それまでの作成状況の説明、意見交換を実施。

現在は、メールでのやり取りを中心に、NPO法人設立後にホームページ開設という予定で進行中。

学び塾「猫の足あと」として希望されたいた「法人化」と「ホームページ作成」が、助成によって十分な準備と支援の期間中で進めることができたことを本当に喜んでいただいています。

 

◇活動でどんな効果を期待してるのか?

1. 法人組織化による運営基盤の強化
2.支援が必要な子どもたちへの継続的なサービスの提供
3 地元地域、自治体、支援者からの信頼感の補完
4. 支援者・ボランティアの参画の容易化と税務上等のメリット供与
5. 法人運営、事業関連情報の透明性、取得性、分かりやすい発信
6. 情報の非対称性の緩和 (支援を必要としている子どもへの情報提供)
7. 地域個人の支援活動から継続事業へのモデルケース化 など

 

◇助成選考委員会 選考委員から

ここ数年、子どもの貧困がメディアで多く取り上げられるようになり、多くの志ある方々が、子ども食堂や無料塾をなどを立ち上げておられます。しかし、計画や継続の見通しないまま、トレンドに動かされてしまっているだけのケースも多いように感じます。おそらく多くは数年来に閉じてしまうのではないかということも懸念されます。それは、何よりも、その場を拠り所とする子どもにとって大きなマイナスとなります。

岸田代表は、子ども食堂や無料塾の言葉が一般化する以前の2011年から実直にご自宅で続けられてこられました。更に2016年には私財を投じて、これまでの活動に加え、済的な困難、健康上の問題、家族の支援がないなどの課題を抱える若者のためのシェアハウス事業を加えて拠点を建設されました。

そして、地域にとって不可欠の大切な場所となっている今、消してはいけない火を灯し続けるお手伝いができることに大いに誇りを感じます。
岸田代表をはじめ、理事候補や学生など一緒に関わられる方々のとても強い思いと、社会貢献活動を苦行ではなく困難さ含め自分自身の喜びとして取り組んでおられる姿ににあらためて共感しています。

取材を通して、助成先として選考させていただけたことを改めて良い選考ができていると確信することができました。
多くの方の寄付等のご支援を、「猫の足あと」さんにつなぐことで、フェアなスタートラインに立つことができない厳しい状況にある子どもたちの支援につながっているご報告できることを嬉しく思います。

支援の輪がと活動がさらに拡がることを期待しております。引き続きよろしくお願いいたします。