Menu
つなぐ図書館

Archive by Category

母さんごめん、もう無理だ (朝日新聞社会部)

    はじめに   皆さんは、殺人に「やむをえない事情」があって良いと思いますか。 

read more

世界一子どもを育てやすい国にしよう (つなぐ図書館 NO.008)

    はじめに 私事ではありますが、一時期茨城県つくば市の議員さんと市の問題について考える機会があり、そこで待機児童の問題について考えさせられることがありました。さしあたっては、保育園の数と、保育士 [...] 

read more

ルポ 消えた子どもたち―虐待・監禁の深層に迫る (NHK出版新書 476)

  はじめに もし、お隣さんや近所の人の子どもが虐待・監禁されていたとしたら、あなたはそれに気付くことができますか…? 2014年5月末の土曜日、「神奈川県厚木市のアパートで、5歳くらいの男の子と見られる白骨化 [...] 

read more

子どもと学校 (岩波新書)

子どもたちの生きる社会環境が激変する今日、「教育」のあり方が、いつにも増して問われている。臨床心理学者として、子どもの心の世界に長年接してきた著者が、帰国子女や不登校児の言葉に耳をかたむけ、日本型教育への疑問、心や性の教育の必要性を盛り込みながら、子どもと学校の新しい関係を創造する道を語る。(「BOOK」データベースより) 

read more

子どもの貧困連鎖 (新潮文庫)

    『子どもの貧困連鎖 (新潮文庫)』 を読んで 

read more

徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃

  私自身の経験を申し上げますと、新聞奨学生や非正規社員などを経験したこともあるので、 こどもの貧困や経済格差などが報道されると、「自分は助かったけど他の人は大丈夫かな」などと思ってしまうことがあります。私のよ [...] 

read more

ひとりで死んでも孤独じゃない―「自立死」先進国アメリカ

日本で多発している「孤独死」。それはいったい何故なのか、米国の取り組みと比較しながらその理由について考える矢部先生の「ひとりで死んでも孤独じゃない」を読み、今後のあるべき日本の高齢社会について考えてみました。 日本の「孤 [...] 

read more

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書) 子どもの貧困について様々な取り組みが始まっている中、具体的にどのような政策を打てば子どもの貧困は解決するかという問いには決定的な答えは見つかっていません。阿部先生の子ども [...] 

read more

『子供の貧困Ⅰ』 日本の不公平を考える (岩波新書)

  OECD諸国の中で日本の子どもの貧困は第2位です。子どもが虐待にあい亡くなるニュースも日々目にし、一部の特殊なケースではなく、すべての人の身近にある問題になっています。 日本の子どもの貧困について客観的なデ [...] 

read more